週間リゾートバイト口コミ・評判

軽井沢の旅館でリゾバしたけど目的と違ってた話@週間リゾートバイト口コミ・評判13

更新日:

週間リゾートバイト口コミ・評判、第13回目!

今回のリゾバ経験者からは、なんと・・・!「リゾートバイト先の選び方」を伝授してくれます。

「遊びたい」「お金を稼ぎたい」など、目的に合わせてどの場所を選べばいいのか?体験談をまじえて本音で語ってくれていますよ~

それではどうぞ!


 

リゾートバイトをはじめたきっかけ

大学一年の夏休みに、友達から

「軽井沢の旅館Aが、住み込みのバイトを募集してるよ」って聞き、すぐ飛びつきました。

そういう住込みのバイトだと、友達がいっぱいできる、って聞いてたんです。

 

実は、その友達は住み込みのバイトとかよくやってて、それで彼女できたり友達出来たりしてたし、なにより稼げる額が大きかった、それに軽井沢なら近場!

時給は900円で、8時間勤務。途中休憩アリ。残業アリって条件でした。

 

旅館の写真を見ると、雰囲気は最高。それに旅館のバイト、っていうと、女子が多いはず。かわいい女の子

参考:温泉旅館リゾートバイトの給料・期間・口コミなどすべてまとめました

 

これは期待できると思って、即申し込みました。

もしものときのため、制汗スプレーとか、一番高い服とか持っていきました。

 

電車に乗ってるときとか、正直心臓バクバク状態。

いま思えば、軽井沢のその旅館Aは、まあ、写真どおりでした。

でもなんか、思っていたほど優雅じゃないんですよね。でも気にせず旅館にはいると、受付に、綺麗な若いお姉さんがいました。バイトだと説明したら、案内してくれました。

 

モーちゃん&吉本との出会い

で、メンバーと顔を合わせたんですが、

なんと! 全員男子!

「はあ~? ふざけんなよー」と、ちょっと思いましたが、まあ仕方ありません。

一人は蹴り飛ばしたら転がっていきそうなデブで、

ただのデブ

もう一人はチャラオでした。

チャラ男

そして自分の計三人です。

 

 

その日の上司は、和服タイプの制服を着た、親分肌の中年の女でした。

「しっかり働いて、しっかり遊んでってください! じゃあ、本日から、よろしくお願いします!!」

と怒鳴るように言ったので、三人とも、「お願いします!」と返しました。なんか思ったのと違って、体育会系だなと感じました。

 

寝る部屋に案内されました。ちなみに、三人相部屋。これはあらかじめ聞いていました。

関連:リゾートバイトは個室寮ではなく共同部屋をおすすめする理由

 

デブは「俺、高校のとき、モーちゃんって呼ばれてたよ」って言ったので、モーちゃんになりました。『ズッコケ三人組』からの命名でしょう。

ズッコケ3人組

こいつは態度が悪く、よくイライラさせられました。

 

チャラオは、吉本工業の芸人のような感じで、やたら大声で話し、やたら爆笑する野郎でした。特にあだ名はなかったので、チャラオ=吉本としておきます。

モーちゃんと吉本と仲良くなろうと思いましたが、正直、さっぱり合わないんですよね。モーちゃんはぷよぷよを持ってきてて、それをDSでプレイしまくってました。

吉本は、携帯見ながら、たまに「彼女いるの?」とか「バイク持ってる?」と聞いてきましたが、あまり話は続きません。

 

荷物を整理して、ちょっとの休憩が終わると、すぐに制服を渡されました。それを着たら、旅館のルールや信念の書いた紙を渡され、それを唱和させられました。こんな感じに、、、

 

ボス女「一つ! バイトなのでできませんは禁句!」

俺たち三人「一つ! バイトなのでできませんは禁句!」

ボス女「一つ! 常に笑顔で、明るく仕事!」

俺たち三人「一つ! 常に笑顔で、明るく仕事!」

みたいな感じです。

 

これを朝仕事が始まるとき、あとお昼ご飯食べ終わったとき、夜の仕事前に、唱和させられました。「軍隊かよ」。

旅館を案内され、厨房に連れていかれ、仕事の説明をされ、とりあえずその日は終わりました。

 

仕事内容

翌日から朝は6時前に起床、そしてあの唱和です。

 

厨房のおっさん「手洗い、消毒をしっかりやり、万全の衛生管理に努めます!!」

俺たち「手洗い、消毒をしっかりやり、万全の衛生管理に努めます!」

厨房のおっさん「自分から進んで仕事を見つけ、わからないことがあったらすぐに……」

 

こういう唱和をやって始まります。唱和は、心構え・衛生についてとか、色々あって結構長いです。

 

朝はお客さんの朝ごはんを準備して、そのあと回収された食器を洗います。

この調理補助の仕事は、初めは怒られてばかりでしたが、慣れれば、うまくできるようになりました。調理補助といっても、俺たちが直接つくるものはほとんどありません。盛りつけ、片づけがメインです。

モーちゃんもチャラオの吉本も、怒られまくってましたね。なんか体育会系で、みんな言い方きつかったです。ちなみに、厨房に女っ気は0。これは残念でした。

 

仕事内容をまとめると、

  • 朝 6時00分に厨房入り、唱和。朝食の準備を手伝って、片づけ。
  • 昼 昼食をとり、唱和。
  • 中休み。
  • 夜 4時半には夕食の準備が始まる。その前にまた唱和。
  • 終わるのは9時。残業あるときは10時過ぎることも。

自分の働いたリゾートバイト先ではこんな感じです。

 

正直、食事はかなりおいしかったです。

昼食とかをけっこうたっぷり出してくれたので、助かりましたね。

でもそのあとに、毎回

厨房のおっさん「一つ! バイトなのでできませんは禁句!」

俺たち三人「一つ! バイトなのでできませんは禁句!」

という唱和をやらされます。ちなみに、1か月半ほどいたのですが、一週間に一回は声が出てないと言うことで、やり直しがありました。

 

リゾートバイトをする場所、間違えました

ちなみに、休みの日は一人で過ごしました。

休みが来たので、「全員で遊びに行こうぜ!」みたいなこと言ったんですが、モーちゃんもチャラオの吉本もパスしてきます。

チャラオの吉本は、なんか一人で出かけてしまいました。

で、モーちゃんはというと、ゲームしてるんですね。

 

「せっかく軽井沢来たんだから、遊ぼうぜ」

と言っても、

「いや、直ぐ来れるでしょ、軽井沢なんて」

 

声も出ないよデブ野郎が

 

と答えます。モーちゃんは長野県在住なんです。それで軽井沢には、学校の遠足とかでしょっちゅう来ていて、その気になればすぐ来られる場所なんです。

なのでいまさら、遊びに行くほどじゃないらしいんですね。それでゲームしてる。

 

思ってたのと違うなと思いましたが、しょうがないです。理想は、女子が一人はいて、その子と遊びに行って、みたいなのでした。

男子とも仲良くなって、観光地で遊んで、って感じだと思ってました。なのに……。目的を間違えると悲惨です。

参考:遊び目的の住み込みリゾートバイトにおすすめ&避けるべき場所

 

 

チャラオ、亡命。そしてモーちゃんも!?

十日ほどたったころ、俺とモーちゃんが呼ばれました。

厨房の責任者のおっさんが、これからは二人になるから、今まで以上に頑張ってほしい的なことを言います。

 

 

「え?」

 

 

なんと、チャラオの吉本は、「つまんないから」という理由でやめたんです。

「おいおいおい、ふざけんなよ」と思いました。モーちゃんに言うと、

「まっ、こういうこともあるよ」

と、徳の高い仏僧みたく悟ってます。

 

そんなこんなで、だいたい20日くらいたったころだと思います。

モーちゃんが

「俺、やめたいかも」

と言いだしました。

 

おいおいおい、ちょっと待ってよ。ここでやめたらまずいことになるだろう。

「頑張れよ」なんて励まして、休みの日にわざわざお菓子買ってきてあげたりして、元気づけました。

 

モーちゃんにお菓子買ってあげたり、いろいろ楽しませたりしたら、結局辞めないでくれました。

「まあ、君初めてだしね。俺がやめたら心細いよね。わかったよ、やめないやめない」

なんて、恩着せがましく言われました。

なんか腹立ちましたね。

 

 

目的に合ったリゾートバイト先の選び方

「観光地楽しんで、女の子と遊んで、友達たくさん作って、って感じだと思っていたのにな。」

それをモーちゃんに言うと、

「じゃあそういうところ選べばよかったじゃん」

 

と言われました。「え?どういうこと?」と思っていると、「リゾートバイトにも様々な形態があって、そういうこと(観光地楽しんで、女の子と遊んで、友達たくさん作って)が出来るリゾバ先もある」ということ。

 

具体的にはたくさんバイトを雇っているスキー場や、大型のホテルなどが観光地楽しんで、女の子と遊んで、友達たくさん作って、って感じらしいです。

参考:【1人OK】リゾートバイトで新しい友達・思い出作りにおすすめの場所

 

モーちゃんは、あんまたくさんの人とわいわいやるとか肌に合わないので、このバイトにしたのだそうです。

「え、なんだよ、じゃあ俺が間違えてたってこと?」と思い、ちょっとへこみました。なぜかモーちゃんが

「これも将来、いい経験になるよ」

と無用なアドバイスをくれました。(真顔)

 

調べてみると、確かに大型ホテルや、スキー場で働いていた人たちは、

「友達いっぱいできて、いっぱいスキーもできました!」的なことを書いてますね。

 

なんだか残念でしたが、とりあず今のバイトを頑張るしかありません。

モーちゃんがときおり「やめようかな」とか言うので、励ましながら(お菓子を与えるという、餌付けをしながら)なんとかやっていきました。

いま思えば、「やめようかな」と言って、俺からお菓子せびってた気がします。

 

モーちゃんとの休日

あれは、勤め始めて一ヶ月くらいたったころでした。

 

「たまには一緒に出掛けない?」

と、ぷよぷよをプレイしてるモーちゃんに言ったら

 

「そうだな。たまには外出るのもいいかもな」

と答えて、一緒に出掛けることに。

長野に住んでて、軽井沢まではすぐ来れるから、というのはわかります。ですが、このリゾバが始まってからほとんど外に出てないんですよね、モーちゃんは。これって珍しいのではないかな、と思います。

「なんだかんだ、良いやつじゃん」

 

最後の日

最後に厨房の責任者に、

「いままでありがとう!」

と言われました。

 

この人無愛想だったから、このときは嬉しかったです。するとなぜか、

「じゃあ、最後に、唱和して終ろうか」

 

と言います。

それで

厨房のおっさん「一つ! バイトだからできませんは禁句!」

俺たち「一つ! バイトだからできませんは禁句!」

とか、

厨房のおっさん「手洗い、消毒をしっかりやり、万全の衛生管理に努めます!」俺たち「手洗い、消毒をしっかりやり、万全の衛生管理に努めます!」

なんて唱和しました。

 

「なんで!?」と思いましたが、唱和が終わるとみんなから拍手。

とりあえず

「ありがとうございました!」

終わり。

 

まとめ

とりあえず、かなり稼げたのでよかったです!!

1か月半のバイトを終え、稼いだ額は、30万円くらいでした!

 

夏休みの、旅館が一番忙しい時期だったので、正直結構大変だったし、思ったようにもいきませんでした。

でもだらだら過ごすよりはよかったし、調理補助はきつかったけどやりがいはありました。

モーちゃんには、その後、一度メールしましたが、返事はありませんでした(笑)。

 

もしこれからリゾートバイトしたい、って人がいたら、目的に合わせて場所を選びましょう。

「稼ぎたいのか?友達いっぱい作りたいのか?」ちゃんと考えて選んだほうがいいですね。俺の場合は友達が「リゾバやりたいなら、こういうのあるよ?」と勧めてくれたので、「じゃあ」と、飛びついたんです。でももうちょっと慎重に探すべきでした。「一番良いのは、派遣会社と手を組んで、自分の目的に合ったリゾートバイト先を探してもらうこと!」これが一番最適。

 

最後になりましたが、職場環境はとてもよかったです。

唱和は面倒でしたが、基本的には、みなさん良い人。仕事はきつかったけど、人間関係で揉めることはなかったし(笑)

給料もちゃんと事前に言われた通りに払われました。

以上です。

 

管理人、派遣の太郎から一言:

リゾートバイトお疲れ様でした!モーちゃん(笑)個性の強いキャラクターが現れましたね。。。

何よりも、読者さんに伝えたいのは、「リゾートバイト先は目的に合わせて選ぼう!ということ」、今回のリゾバ体験談を教えてくださった方も言っていましたね。

 

「ワイワイ楽しみたいなら、スキー場・大型ホテル・沖縄・北海道」がメインになってきます。

逆に、「あまりそういう人間関係いらないのであれば、派遣バイトの人数をあまり雇っていないリゾートバイト先を選べば大丈夫です、1名だけ応募しているところもあるので条件はさまざま」そろっています。
細かいリゾバ派遣先の情報は、リゾートバイトの派遣会社さんがすべて資料を持っているので、その情報を活用するためにも会社を通したほうが良いでしょう。

 

条件の良いレア求人を手に入れる方法

リゾートバイトで条件の良い求人をもらう方法は、

「派遣会社の担当さんに自分の希望を伝える」以上!

8年の経験から身をもって実感しました・・・。

※登録無料&登録後キャンセル可能&非公開レア求人あり&1分で終わる

参考ページ:リゾートバイトの口コミ・評判13社徹底比較&8年のリゾバ経験者が語る裏技←チラっと見ちゃう?





-週間リゾートバイト口コミ・評判
-, ,

Copyright© リゾートバイトの口コミ・評判13社徹底比較!8年のリゾバ経験から語ります , 2018 AllRights Reserved.