週間リゾートバイト口コミ・評判

ハズレ旅館に当たるの巻!?@週間リゾートバイト口コミ・評判8

更新日:

週間リゾートバイト口コミ・評判、第8回目!

いやぁ、今回のは読んでいて面白かったです(笑)25歳の女性なんですが、どうやらリゾートバイト先の旅館が「ハズレ」だったようで・・・!

どうぞ彼女の体験談を聞いてみてください^^


 

 

25歳の初夏。3年勤めた会社を辞めて、「しばらくのんびりしよう」と思って、何気なく眺めていたサイトの中、ふと「リゾートバイト」の文字が目にとまりました。

 

リゾート。

 

その響きが、何だかパラダイスを予感させました。

青い海、白い砂浜、カップルや友達連れで賑わうビーチ。
一緒に働く新しい仲間たちと、仕事の合間に海辺の波打ち際でアハハ、ウフフと笑いあう日々。

今までガムシャラに働いて来たから楽しくない毎日を過ごしていた私だけど、もしかしたらステキなメンズと知り合うきっかけになるかも…!?

参考:【1000人に聞いた】リゾートバイトに出会い・恋愛は期待してOK?

 

そんなヨコシマな気持ちが溢れ出つつ、仕事内容の詳細をチェック。

【時給900円×最高12時間】
6日間のバイト期間だから、最高6万ちょっと稼げるって事!?
予定している旅行の代金まるまる出るじゃん、よしよし♪

【伊勢志摩の旅館】
「海の幸を使った料理はどこにも負けない。」
何コレ、まかないで伊勢海老とか出るんじゃない!?
(↑伊勢=伊勢海老と安易に勘違い(笑))

参考:温泉旅館リゾートバイトのおすすめ厳選19ヵ所&ベスト3

 

 

「これは行くしかないでしょ!」と思い、電話で応募して、すぐに採用が決定。
そんなに応募者が少なかったの?と少し疑問を抱きながらも当日の準備なんかを派遣会社の人と電話で打合せをしていたら、「あの…例年の傾向なんですけど、周りにコンビニとかないんですよ、その旅館。カップ麺とかお菓子とか、お腹の足しになる物は多い目に持って行った方が良いですから!」と力強く言われ、ますます不安に。

でも、腐っても旅館。「売店とかあるよね?」と思いつつ、とりあえずキャリーケースの隙間にカップラーメン4つとお菓子を隙間なく詰め込み、準備完了。

 

リゾートバイトの担当さんから、「自分の最寄駅から何時の電車で出発して、向こうには前日の何時に着く」、という紙が送られて来ていたので、それを頼りに電車を乗り継ぎ、いざ伊勢志摩へ!
電車の駅を降りて最後はバスに乗る予定だったけど、めっちゃ小さなマイクロバス。「こんなんで良いの?」と迷っている間にバス発車。

「待ってー!」

と、叫ぶ事もできずにしばらくたたずんでいたのですが、気づけばもう1人。私と同じように、その場でオロオロしている女の子が。これは…

 

 

「もしかして○○に、リゾートバイト行く人?」

思い切って聞いてみると答えは、、、

 

 

Yes。

 

 

2人そろってバスを乗りすごし、派遣会社に連絡を入れてから、やや遅刻気味で旅館に到着。
そこは本当に断崖絶壁の上で、見渡せば海と山しかないような立地。
旅行で来るにはいいけど、本気でコンビニがない。というか、周りに何もない!

旅館に降り立った所で40代ぐらいの女将と、サムエ姿の20代後半ぐらいの男性が登場。

女将はちょっと小太りで、チャキチャキ動く、面倒見の良いお母さんって感じ。
男性は頼りない感じだけど、勘違いして自分が仕事できると思っているライプっぽい印象。

女将が、良く来てくれたねと歓迎してくれたと思いきや…

 

 

「バイトは明日からだから、とりあえず今日は何もしなくて良いよ。
明日は7時にロビー集合ね。寝る部屋はココ。荷物運んでね。
私と常務は明日まで来ないから宜しく!」

 

え・・・!!?今は昼の3時半。
えっと、夜ご飯は??

「まかないは仕事の日に付くものだから、今日はないよ」

マジか・・・!!!!!
私も女の子も絶句。
断崖絶壁の隔離された旅館。売店なし。買い物できる店なし。移動手段なし。
その上、食糧なし!?

女将たちが去ったあと、とりあえず女の子と2人で部屋に荷物を置きに行き、そのあと集合。
「…ゴハンないとか、初めてですよ…」

聞けば女の子は23歳。
長い髪を頭頂部でお団子にまとめている、ちょっと大人しい感じの子。
今までリゾートバイトを転々と渡り歩いて数年暮らしているらしいので、そういう意味ではベテランさん。
その彼女が言うのだから間違いないのでしょう。ここ、「ヤバい感じがする」、と。

「まかないで、伊勢海老が出ると思ったの…」
正直に白状する私。お団子ちゃん、ちょっと引き気味。

聞けば、飛騨高山のバイトに行った時は、飛騨牛がまかないに出たらしい。
完全にチョイスを誤ったのかもしれない。

 

そのお団子ちゃんも、前日から泊まって仕事に挑んだ事は多々あったけど、近くに食べる所があったり、簡単に何か出してくれたりしていたらしい。そんな経験から食糧は一切持って来ていないと聞く。不憫に思った私は、キャリーケースの中のカップラーメンを1つずつと、パウンドケーキ的な物を分けてあげて、その日の夜は食いつなぎました。

 

 

翌日、仕事初日。下の写真は、仕事で来ていた服。

仕事の服
朝食には6枚切のパンを食べて、まずは掃除からスタート。
「ホコリがあっても、余計な事をしなくて良いからね。言われた通りの動きをしてね」
女将に言われるまま、ラフな格好の2人はせっせと働きました。

運動会のように走りながらハタキをかけ、洗面の拭き掃除をし、シーツを回収する。
敷布団をバフッと広げて、端に新しいシーツを挟んでから反対側へぐるっと回してベッドメイクする。
そんな風に1室でレクチャーを受けたら、みんな手分けして指定の部屋を掃除して回るのですが、それがまたしんどくて…。

5階建ての建物なのにエレベーター不可、ある程度の時間になったら女将から携帯に着信が入って「次は●号室ね」と指示が飛び、階段を1段飛ばしで全力疾走。
心のどこかで「あ、これ痩せるな。」と、密かな期待が生まれました(笑)

 

半日動き回って、ようやくロビーに呼び戻された私たちに女将が手渡したのは…

「はい、昼ごはん」

 

スーパーの半額弁当。しかも、前夜の!
何故か豆ゴハンを選んでいるもんだから、豆の周りの米が黒ずんでる・・・!!!

3時まで休憩と言われた私とお団子ちゃんは、絶句しながら部屋へお弁当を持って行き、「食べるか?食べないか?」の協議を開始。これは腐っているから変色しているのか?いや、さすがに腐ってはいないんじゃないか。そもそも空腹で死にそうだし、食べて食中毒になって病院送りになるなら本望だ。

そんなこんなで結局ゴハンを平らげ、空いた時間に遊歩道を使って浜辺まで散策に行きました。
海はとてもキレイで、しかも誰も人がいなくて。
「ここに泊まる人たちは楽しいだろうなー」と、心底思いました。
まだ初日。頑張らないと!

体験談:カニ!イクラ!北海道網走でほっぺが落ちる@週間リゾートバイト体験談7

 

そして午後の部開始。
指定された部屋の布団のシーツ替えをしてから、用意されている着物のような物に着替えて炊事場へ。
そこにはアワビ、伊勢海老などが鎮座していました。

 

「これを出すのか…」

豆ゴハンとの格差がハンパない。

何だか悲しい気持ちになりつつ、パートで働いているオバチャン達に混ざって配膳などをお手伝い。
いつの間にこんなにチェックインしていたのかと思うほど、お客様が入っていました。
10組ほどの家族連れやカップルが、キャッチコピー通り、美味しそうな海の幸を堪能していました。

「これって残ったら食べて良いのかな…」
飢えている私たちはそんな事を考えていたら、私だけ女将に呼び出されました!
私、何かしました!?

 

「●号室の布団を敷いてきて。高速でね」

どうやらレクチャーの時に見て、布団を敷く速さを買ってくれたらしい。
買ってくれても時給は変わらないけどね…それなら走ってシーツ敷きまくるより、炊事場で茶碗を乾燥機に入れた方がラクだと心底思いました。

が、実はお団子ちゃんは女将から指名されるのを見て、ちょっと嫉妬していたらしい。
「自分の方がリゾートバイトの経験が長いのに、なんでアッチが指名されるの!?」って。
こっちとしては、何も良いことないんですけどね。
ま、女子によくあるこういう事も、青春の1ページですよね。

 

 

仕事を終えたのは夜8時ごろ。確かに10時間は働いてる。稼げている気がする。
グッタリして、事務所に仕事終了の報告へ向かっていると、先に上がっていたお団子ちゃんが難しい顔をして事務所から出てきたので「お疲れ~」と声を掛けると

「常務、ちょっとキモいかも…」

常務?あの20代後半っぽいナルシスト系?
なんでも距離を詰めて来て、「甘ったるい声でネットリ話しかけて来る…」と。

それは気持ち悪い。

 

「とりあえず気を付けようね」と言いながら、仕事の汗を流しに大浴場へ。

宿泊客に交じって広い湯船に浸かりながら、温泉好きの私は「やっぱ良い仕事かも♪」と、心地よい1日を終えました。
そんな感じで3日程が目まぐるしく過ぎて行きました。

1日目はフル出勤だったけど、2日目は私とお団子ちゃんが交互に出勤したり。
「あれ?もしかして、思ったほど稼げないかな?」と思ったけど、明らかに自分の方が働く時間が長い。何でだろうねーと2人で首を傾げてはいましたが、後々、謎が解けることに。

 

4日目。
休憩中に事務所の前を通ると、窓ガラス越しに女将が赤ちゃんを抱っこしているのを目撃しました。
他に人はいないし、「ん?あの人、子供いたんだ。それとも親戚の子か何かかな?」と、思っていると、、、

例の常務(20代)がやって来て、女将の後ろから腕を回しているではありませんか。
「女将、振り返ってニッコリ微笑んじゃってる!!」

 

えらいもん見たーーー!

 

 

絶叫したいのをこらえて、お団子ちゃんの部屋へ駆け込み、一部始終を話す私。
たぶん20歳ぐらい年齢が違うと思うんだけど、「え、そういう関係なの!?」って。

それなら納得がいきますよね。
「常務がお団子ちゃんに色目使ってるのをどこかで目撃した女将が、シフトを減らしているんじゃないか…」と、2人の中では結論が出ました。でもコッチは全く眼中にないのに、えらい迷惑だなと。

長く働いているパートさん達ともそこそこ打ち解けて来ていたので事情を聞いてみると、詳細を知る人はいないものの、どうやら女将は旅館の後継ぎの1人娘。で、未婚。そこに来た常務と良い仲になっちゃって、子供もできちゃった的な様子。

 

謎は全て解けた。
「でも、そんなん知らないし!!!」
そう言われてみれば、女将と常務2人の距離はいつも近かった。
あれは仕事仲間でなくて、そういう事だったのね…。
だとしたら常務、やっぱお団子ちゃんに必要以上に近づくのは良くないよ!

 

その夜は海辺で打ち上げ花火があり、その2人(常務&女将)は暗闇に紛れながら、赤ちゃんを挟んで仲良く夏を満喫していました。

それに引き替え私達は、お団子ちゃんの今までのリゾートバイト先の話を聞いたり、恋バナをしたりして、何だかんだで楽しい夜を過ごしていました。

体験談:Mくんとの恋。そして、ファーストキス。

 

最終日。
「腐ったまかない弁当もあと1日…」と思っていた私は、女将と一緒にチェックアウトを終えた部屋の清掃を行っていました。
とある部屋の、ちゃぶ台の上に、1枚のメモ。
「お料理とても美味しかったです。
おもてなし、ありがとうございました。また泊まりに来ます。」

 

そんな内容のお手紙。
それを見た女将がポロっと、「こんな人がいてくれると、やって来て良かったと思えるわ…」と呟きました。

女1人で今まで大変だったのでしょうね。
今は常務や子供がいて、きっと益々頑張って行くんだろうなと、素直に思いました。
「でも、来年からはバイトのまかないは少し良いものにしてあげて!」と叫びたくなりましたけどね(笑)

 

仕事を終えた日、女将はお疲れ様と言って、「名物を食べて行きな」と、「あわびバーガー」をご馳走してくれました!

あわびバーガー美味しかった!
かなり食事に飢えていたので、「1,000円を軽く超えるアワビのメニューを貰えるなんて…」と泣きそうになる私。
もう女将が神様に見えちゃって。
喜びの舞を踊ろうかと思うぐらい嬉しかったです。

 

そして旅館に別れを告げ、お団子ちゃんと一緒に山の麓の漁港まで歩き、海鮮丼をたっぷり食べる頃には私たちはすっかり仲良しに。もう本当に戦友って感じでした(笑)

 

リゾートバイトは、だいたい楽しくて余暇には仲間とワイワイして。
青春って感じが多いらしいですが、ベテランのお団子ちゃんいわく、たま~にこういう旅館もあるみたいですよ。

参考:温泉旅館リゾートバイトの給料・期間・口コミなどすべてまとめました

 

 

最終的に、私は6日間で6万弱を稼ぎました。

ついでに痩せていると思いながらワクワクして体重計に乗ったら、体重は変わらず、体脂肪率だけが激減して、ちょっとウエストが引き締まっていました。
布団の上げ下ろし、階段の駆け上がりで、どうやら筋肉がついたようです…これは想定外でしたが、その後の旅行が屋久島トレッキングだったので、体力も付いたし旅行代もまかなえたし、結果的に良い感じのアルバイトだったなと。

以上、かなり余談が多かったですが、リゾートバイト体験談でした☆

朝焼け

↑リゾートバイト先で撮った朝焼け!

↓休憩時間に食べたおやつ

 

管理人から一言:

6日で6万弱稼げたのは大きいですね♪

そして、筋肉が増えて体脂肪率が激減してしまったようで・・・でも安心してください、程よい筋肉は痩せやすいからだづくりには必須ですから!芸能人やモデルさんも、そのために筋トレをジムに通ってでも行っているので、リゾートバイトは一石二鳥でしたね^^

どうやら旅館側から提供されるゴハンが適当だったようで・・・。リゾートバイト経験の多いお団子ちゃんも言っていたように、ほんとたま~に適当な場所もあるんですよ><

でも、派遣会社を通してリゾバを行っているなら、扱いの雑さ(今回の話ではゴハンが腐りかけているのではないか?ということ)を電話なりメールなり、派遣会社に伝えることです!そうすれば、派遣会社によっては(←派遣会社選びは大事!)しっかりと対応して改善するように努めてくれますから、私も実体験済みです!

 

条件の良いレア求人を手に入れる方法

リゾートバイトで条件の良い求人をもらう方法は、

「派遣会社の担当さんに自分の希望を伝える」以上!

8年の経験から身をもって実感しました・・・。

※登録無料&登録後キャンセル可能&非公開レア求人あり&1分で終わる

参考ページ:リゾートバイトの口コミ・評判13社徹底比較&8年のリゾバ経験者が語る裏技←チラっと見ちゃう?





-週間リゾートバイト口コミ・評判

Copyright© 【最新おすすめ】リゾートバイトの口コミ・評判13社徹底比較&8年のリゾバ経験者が語る , 2018 AllRights Reserved.